TOP>マーケットニュース>◎〔金利・債券市況〕先物、急落=長期金利はマイナス0.040%(12日)

マーケットニュース

◎〔金利・債券市況〕先物、急落=長期金利はマイナス0.040%(12日)

     債券先物は急落。長期国債先物の中心限月2019年12月物は前日比43銭安の152円59銭で取引を終了、長期金利の指標となる新発10年物国債356回債の利回りはマイナス0.040%となっている。
 午前に軟調で推移した先物は、午後に下げ幅を拡大。円安・株高に米債先物安が加わり、「買い場のない状態」(大手証券)が続いた。10年債利回りは0.040%と、4月26日以来6カ月半ぶりの水準まで上昇。14日に入札を控えた5年債も売りが加速し、2年債利回りを下回る「逆イールド」状態が解消した。
 現物利回りは、2年債が0.020%上昇のマイナス0.175%、5年債が0.030%上昇のマイナス0.165%、20年債が0.025%上昇の0.320%、30年債が0.030%上昇の0.480%となっている。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年10月 月間)
Crown 2
白金(標準)
216,282枚
Crown 1
金(標準)
585,416枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
199,051枚
商品先物相場解説