TOP>マーケットニュース>◎〔金利・債券市況〕先物、反発=長期金利はマイナス0.045%(13日朝)

マーケットニュース

◎〔金利・債券市況〕先物、反発=長期金利はマイナス0.045%(13日朝)

     債券先物は反発。長期国債先物の中心限月2019年12月物は前日比03銭高の152円62銭で始まった後、上げ幅を拡大した。長期金利の指標となる新発10年物国債356回債の利回りは、前日比0.005%低下のマイナス0.045%となっている。
 先物は、前日に急落した反動の買い戻しが先行。米国の長期金利の上昇が一段落したことも、買い安心感につながっているもようだ。ただ、本日は国債の入札や日銀オペなどが予定されておらず、「手掛かり材料に乏しい1日」(国内証券)になるとみられる。
 短期金融市場では、日銀が朝方の即日オペを見送った。これにより、当座預金残高は前日比4900億円減の405兆3100億円程度となる見込み。
 無担保コール翌日物は「マイナス0.087〜マイナス0.070%の出合い」(短資会社)となっている。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年11月 月間)
Crown 2
白金(標準)
211,880枚
Crown 1
金(標準)
516,686枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
186,930枚
商品先物相場解説