TOP>マーケットニュース>◎〔東京外為〕ドル、109円台後半=終盤底堅い(14日午後5時)

マーケットニュース

◎〔東京外為〕ドル、109円台後半=終盤底堅い(14日午後5時)

     14日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は終盤底堅くなり、1ドル=109円台後半で小締まった。午後5時現在は109円78〜78銭と前日(午後5時、109円72〜73銭)比06銭の小幅ドル高・円安。
 ドル円は前日の海外市場では新型肺炎への警戒が根強く、109円70〜80銭台を中心に推移した。東京時間の午前9時以降は、五・十日要因の実需買いも巻き込み、一時109円90銭前後まで上昇。午後は戻り売りにじり安となり、109円70銭台まで売られた。終盤は底堅くなり、109円80銭を挟む水準で推移した。
 市場では「ユーロ圏経済がこのところ失速しており、注目されている」(生命保険)との声が聞かれる。別の関係者は「ユーロが売られると円も買われるものの、ドル買いにつられてややドル円は上昇するかもしれない」(FX会社)と指摘していた。
 ユーロは終盤、対円、対ドルともに堅調。午後5時現在は1ユーロ=119円01〜02銭(前日午後5時、119円37〜37銭)、対ドルでは1.0841〜0841ドル(同1.0879〜0879ドル)。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年12月 月間)
Crown 2
白金(標準)
277,469枚
Crown 1
金(標準)
505,199枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
215,054枚
商品先物相場解説