TOP>マーケットニュース>○〔シカゴ穀物展望〕20日から農産物展望会議=作付面積予測に注目(14日)☆2

マーケットニュース

○〔シカゴ穀物展望〕20日から農産物展望会議=作付面積予測に注目(14日)☆2

     一方、ブラジルの国家食糧配給公社(CONAB)は今週、19〜20年度の穀物生産の第5回予測を発表。穀物全体の収穫量は前年度比3.8%増で、過去最高の2億5111万9100トンに達する見通し。このうち、大豆は7.1%増の1億2324万9900トン、トウモロコシは0.4%増の1億0048万5900トンと予想した。
 14日の清算値は次の通り。
 トウモロコシ3月物=前週末比5.75セント安の377.75セント、大豆3月物=11.75セント高の893.75セント、小麦3月物=16.00セント安の542.75セント(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年12月 月間)
Crown 2
白金(標準)
277,469枚
Crown 1
金(標準)
505,199枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
215,054枚
商品先物相場解説