TOP>マーケットニュース>◎〔週間見通し〕ゴムRSS、新型コロナ懸念され弱地合い=マーケットエッジ・小菅氏

マーケットニュース

◎〔週間見通し〕ゴムRSS、新型コロナ懸念され弱地合い=マーケットエッジ・小菅氏

     小菅努・マーケットエッジ代表=東京ゴムRSSは、新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念を背景に弱地合いが続くとみている。先ぎり予想レンジは145〜165円。
 RSS相場は週末を迎え、期先限月がやや下げ渋っているが、これは売方が週末を前に当面の利益確定を進めた結果であり、まだ到底地合いが改善したとはいえない状況だ。
 また、これまで干ばつや真菌病を材料に比較的底堅さをみせていた主産地東南アジアの現物相場が崩れ始めており、その影響で東京ゴムの期近限月は大きく下げている。
 株式や他の商品相場は、直近の下げがきつい分、来週先進7カ国(G7)が協調行動に動くことで、いったんは下げ止まるかもしれない。しかし感染者数が劇的に減少を示すようなことが起きない限り、戻りは一時的とみている。同様に東京ゴムも上値は重いだろう。
 ゴムの需給面では、12日に発表された中国の2月の新車販売台数が前年同月比79.1%と、新型コロナウイルスの影響で大幅な落ち込みを示したことが、弱材料として意識される。米国や欧州の自動車市場でも今後、中国と同様の状況が広がるおそれがあることには注意が必要だ。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2020年2月 月間)
Crown 2
プラッツドバイ原油
291,020枚
Crown 1
金(標準)
869,424枚
Crown 3
白金(標準)
262,210枚
商品先物相場解説