TOP>マーケットニュース>◎〔ロンドン外為〕円、108円近辺(31日)

マーケットニュース

◎〔ロンドン外為〕円、108円近辺(31日)

     【ロンドン時事】31日のロンドン外国為替市場では、午後に入ってドル買いが失速し、円相場は1ドル=108円近辺となった。午後4時現在は107円90銭〜108円00銭と、前日同時刻(108円00〜10銭)比10銭の円高・ドル安。
 序盤は新規の売り買い材料を欠く中、108円台前半から半ばで方向感なく推移。その後は米株価指数先物の上昇を眺めてドル買い優勢になると、円は午後1時前に108円70銭台に下げ幅を広げた。
 中国の好調な製造業PMIや、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる懸念の後退に伴うリスク回避の軟化が背景だったが、円売り一巡後は米長期金利の低下などを受けて再び買い戻しが入り、ロンドン・フィキシングにかけては108円台前半から107円台後半でのもみ合いとなった。
 ユーロは軟調。対ドル相場は1ユーロ=1.0965〜0975ドル(1.1025〜1035ドル)。対円では同118円40〜50銭(119円15〜25銭)。
 ポンドは1ポンド=1.2400〜2410ドル(1.2415〜2425ドル)。序盤はドル高圧力に押されたが、次第に下げ幅を削った。
 このほか、スイス・フランは1ドル=0.9670〜9680フラン(0.9595〜0.9605フラン)。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2020年2月 月間)
Crown 2
プラッツドバイ原油
291,020枚
Crown 1
金(標準)
869,424枚
Crown 3
白金(標準)
262,210枚
商品先物相場解説