TOP>マーケットニュース>◎〔NY金〕続伸=米雇用統計の大幅悪化で(3日)

マーケットニュース

◎〔NY金〕続伸=米雇用統計の大幅悪化で(3日)

     【ニューヨーク時事】週末3日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う米雇用統計の大幅悪化で買いが膨らみ、続伸した。中心限月6月物の清算値は前日比8.00ドル(0.49%)高の1オンス=1645.70ドル。
 米労働省がこの日朝方発表した3月の雇用統計によると、景気動向を示す非農業部門の就業者数は季節調整済みで前月比70万1000人減少。リーマン・ショック後の2010年9月以来9年半ぶりにマイナスに転じた。失業率も4.4%(前月3.5%)と大幅に悪化し、17年8月(4.4%)以来2年7カ月ぶりの水準に上昇した。
 これを受け、安全資産される金は急伸した。前日発表された3月28日までの1週間の新規失業保険申請は季節調整済みで664万8000件と、前週からほぼ倍増。市場では、3日発表の雇用統計も大幅に悪化し、金は底堅い値動きが続くとみる向きが多かった。
 ただ、外国為替市場では主要通貨に対してドルが上昇。ドル建てで取引される金塊に割高感が強まり、上値を抑えた。
 金塊現物相場は午後2時半現在、7.130ドル高の1620.480ドル。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2020年2月 月間)
Crown 2
プラッツドバイ原油
291,020枚
Crown 1
金(標準)
869,424枚
Crown 3
白金(標準)
262,210枚
商品先物相場解説