TOP>マーケットニュース>◎〔ロンドン外為〕円、109円台前半(6日正午)

マーケットニュース

◎〔ロンドン外為〕円、109円台前半(6日正午)

     【ロンドン時事】週明け6日午前のロンドン外国為替市場では、一部の国で新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかるとの期待感から、安全資産の円は売られ、円相場は1ドル=109円台前半に下落した。正午現在は109円10〜20銭と、前週末午後4時(108円45〜55銭)に比べ65銭の円安・ドル高。
 対ユーロは、1ユーロ=117円85〜95銭(前週末午後4時は117円10〜20銭)で、75銭の円安・ユーロ高。
 週末から週初にかけて、スペインやイタリアなどで新型ウイルスの一日当たりの感染者数の増加が緩和。これらを背景に投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、円相場はほぼ全面安となった。日本政府が発表した108兆円規模の緊急経済対策も円売りを後押しした。
 ユーロは対ドルでは小動き。ただ、先行きに関しては「弱い経済指標が引き続きユーロ圏の回復の脅威であり続ける」(外銀)との指摘も出ている。ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.0795〜0805ドルで、前週末午後4時と同じ水準。
 ポンドは1ポンド=1.2305〜2315ドル(1.2255〜2265ドル)。
 スイス・フランは1ドル=0.9775〜9785フランで、前週末午後4時と変わらず。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2020年2月 月間)
Crown 2
プラッツドバイ原油
291,020枚
Crown 1
金(標準)
869,424枚
Crown 3
白金(標準)
262,210枚
商品先物相場解説