TOP>マーケットニュース>○〔NY外為〕円、107円台後半(22日)☆差替

マーケットニュース

○〔NY外為〕円、107円台後半(22日)☆差替

     【ニューヨーク時事】週末22日のニューヨーク外国為替市場では、香港の治安法制をめぐる米中対立に懸念が広がる中、円相場は1ドル=107円台後半で取引された。午後5時現在は107円55〜65銭と、前日同時刻(107円56〜66銭)比01銭の円高・ドル安。
 22日に開幕した中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議で審議される香港の治安法制について、トランプ大統領は21日、「現実になれば、非常に強力な対応を取る」とけん制。中国側は内政干渉だと反発したため、市場では両国の対立激化への懸念が広がり、円相場は午前中に一時107円47銭まで上伸した。
 ただ、新型コロナウイルスの流行で制限されていた経済活動が徐々に再開していることなどを好感し、米株価が終盤にかけて下げ幅を縮小すると、投資家のリスク回避姿勢が後退。安全資産としての円を売り戻す動きが出た。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.0899〜0909ドル(前日午後5時は1.0945〜0955ドル)、対円では同117円30〜40銭(同117円75〜85銭)と、45銭の円高・ユーロ安。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2020年2月 月間)
Crown 2
プラッツドバイ原油
291,020枚
Crown 1
金(標準)
869,424枚
Crown 3
白金(標準)
262,210枚
商品先物相場解説