TOP>セミナー

内外株式市況の動静、投資環境、金・原油などコモデティまでを網羅

  • 【開催場所】日産証券本社
  • 【開催日時】2019年01月12日(土)
  • 【料金】無料
  • 【募集人数】おかげさまで満員御礼につき募集〆切とさせていただきます。

E23c8d8f16f9cfa88fc5bace14415761fbc77f03

騒いで笑った後は固まってしまう?


「申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる ・・・」
猪突の言葉の持つ勇ましいイメージとは裏腹に固まる?
実は古くからあるこの相場格言、亥年の次は「子は繁栄・・・」と続きます。
つまり亥年の「固まる」は、成熟(騒ぐ、笑う)しつつある相場が、
その「足元を固める」、次の段階(繁栄)を目指し、「エネルギーを貯める」、
「しっかり準備する」の意味とも言われています。


======================================================================

内外株式市況の動静、投資環境、金・原油などコモデティまで網羅するセミナー。

これができるのはカテゴリーを横断し、国内主要5市場の取引資格を有する当社ならでは。
基調講演に武者陵司さんをお迎えし、当社主席アナリスト菊川と共に変化の質もスピード
も益々変わるであろう2019年、亥年の市況を読み解きます。


12:25~12:30 主催者よりご挨拶

12:30~13:30
「2019年展望(金・原油市場)~激変する国際秩序~」
講師:菊川 弘之(日産証券主席アナリスト/NPO法人国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe))

13:45~14:45
「2019年 経済と市場展望」
講師:武者 陵司氏
(株式会社武者リサーチ代表)



■主催 日産証券
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号
商品先物取引業者 経済産業省20161108商第10号、農林水産省指令28食産第3988号
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

■お客様からお預かりした個人情報は、当社セミナーのご案内、または当社取扱い商品に関するサービスのご案内のみに利用し、お客様の同意なく第三者に提供することはありません。また、本セミナーにおきましては、当社取扱商品に関する資料を配布させていただくとともに、当社取扱商品に関する勧誘を行う場合がございますので、予めご了承のうえ、ご参加ください。
講師紹介
2156c7dfc08f5a465b072928d6f26c9612612169
武者陵司氏
武者リサーチ代表
<1973年横浜国立大学経済学部卒業後、大和証券に入社。企業調査アナリスト、繊維、建設、不動産、自動車、電機、エレクトロニクスなどを担当。その後、大和総研アメリカでチーフアナリスト、大和総研企業調査第二部長等を経て1997年ドイツ証券入社。調査部長兼チーフストラテジスト、副会長等要職を歴任。2009年武者リサーチを設立。著書に『史上最大の「メガ景気」がやってくる日本の将来を楽観視すべき五つの理由』(角川書店)、「結局、勝ち続けるアメリカ経済一人負けする中国経済」(講談社+α新書)他、多数。
【著書】
  • 『金投資の新しい教科書』(日本経済新聞出版社)
  • 『THE GOLD ゴールドのすべて』(エイチスクエア)
  • 『めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った金(ゴールド)投資の本』(ダイヤモンド社)
菊川弘之
日産証券主席アナリスト
<日産証券主席アナリスト/NPO法人国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)

NY大学留学中にはGelberGroup社、FutureTruth社などでのトレーニーも経験。帰国後は商品投資顧問会社などでのディーリング責任者等を経て現職。
日経CNBC、BloombergTV、ストックボイス、ラジオ日経など多数のメディアに出演の他、日経新聞にマーケットコメント、時事通信、Yahooファイナンスなどに連載、寄稿中。また近年では、中国、台湾、シンガポールなど現地取引所
主催・共催セミナーの招待講師も務める。
会社名 日産証券(株)
開催日時 2019年01月12日(土) 12:25
開催場所 日産証券本社 詳細はコチラ>>
募集人数 50
料金 無料
状況 おかげさまで満員御礼につき募集〆切とさせていただきます。
線路:

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!